契約期間について

カードローンの契約期間は、契約日から1年間の有効期限になっていることがほとんどです。しかし、ほとんどの人は契約が自動更新されるので契約期間を気にする必要はないでしょう。よほどのことがない限り契約を打ち切られることはありませんが、中には契約更新ができない人もいます。

では、なぜカードローンに契約期間が定められているのでしょうか?それは、カードローンの契約期間は、会員の信用度をチェックするための期間でもあるからです。カードローンを利用して、きちんと返済をしていれば何の問題もありません。しかし、中には事情があって返済が滞ってしまう場合もあります。カードローンの契約期間については、定期的に会員の信用調査をして、融資を行える状態であるかチェックするための目安なのです。

カードローンの契約期間が終了した際に自動更新できなくなるのは、返済が滞った時だけではありません。返済の残高が残っているにもかかわらず、新たなカードローンや消費者金融に申し込みを繰り返していると、信用度が低いとみなされ、契約期間が終了した際の与信調査に引っかかってカードローンの更新ができない場合があります。カードローンを利用するときは、きちんと毎月の返済を行い、必要以上に融資の枠を増やさないように気を付けましょう。