返済できないと…?

カードローンの契約期限が過ぎても、融資残高が残ってしまい、返済できない場合はどうしたらいいのでしょうか。滞りなく返済を行っている場合は、ほとんどの場合契約が自動更新となり、契約期間が延長されます。そのため、返済する残高が残っていても、今までのように毎月きちんと返済していけば大丈夫です。カード会社も、長期間安定的に利用してくれる会員の方がリスクも少なく、メリットも大きいためです。

カードローンの契約期間は、基本的には自動更新することを前提にしていますので、契約期限が近付いてきて残高が残っていても、契約期間についてはあまり心配する必要はありません。問題なのは、返済の遅延を繰り返したり、新規で多数のカードローンに申し込んだりして、信用度が低く、契約更新が難しい場合です。こういった場合は、契約が更新できず、カードローンが使えなくなってしまうことがあります。

カードローンの契約が更新されず、契約期間が終了してしまい、まだ返済残高が残っている場合のことを考えると心配になりますよね。しかし。契約期間が切れても、即時全額返済を求められるケースはあまりありません。ほとんどの場合が新規での借り入れができなくなるだけで、今まで通り毎月決められた金額を返済していけば大丈夫です。